FC2ブログ


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2017/10/30//Mon * 20:38
●○社内のあれやこれや。


よい職場とは何か?

朝起きた瞬間に、
「今日も会社に行くのが楽しみだ」と思える環境。

自然と、
わくわく、清々しい気持ちになれる環境。

ポジティブな言葉が飛び交う環境。



言葉にするのは簡単で、
だけどそこは、様々な境遇の、様々な考え方を持ち合わせた人たちが集まる場所。
これからもこうして議論を重ねていくのだろう。



それぞれが仕事を終え、
「あ~今日もがんばったぜ☆
早く営業所に戻ろう~っと☆」


みんながそう思える環境をつくりたい。

切実に、そう思います。

すっかり帰りが遅くなってしまった。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村





スポンサーサイト


2017/10/23//Mon * 20:31
●○これはきっと運命とか、タイミングとかそういうやつ。


「保険のねーちゃん」

そんな呼ばれ方をする理由は様々あるんでしょうが、
そのひとつに「見た目の派手さ」があるかも
しれません。

なかには、
「いい歳して…」と言われかねない人も。


私も例に漏れず、ということになるのでしょうが
どちらかと言えば「派手」なのかもしれません。
ネイルに茶髪にカラコンに。。。
(書いていて恥ずかしくなってきた。)


どうしてこんなことを書いているかというと、
今日、社内で、ある表彰式がありました。
祝宴のあと社内講師による講演があったのですが、
そのなかで「見た目」の話があったんですね。

「金融機関ですよ?
茶髪にカラコン、派手なネイルにお金をかけるような人に、自分の資産を預けたいと思いますか?!」と。
モロに私じゃん…と思ったのは、
私だけではないはずです。


確かにこの会社に入ってから、
どんどん派手になってきている、
選ぶネイルのデザインも、カラコンの色も、
髪の明るさも。
そんな風に思いながら、
その他今後の日本の動向について、など、
大変有意義な講演だったわけですが、


これで終わらないのが私のミラクル。


夕方の講演終了後、会場であるホテルをあとにし、
営業所に戻り事務作業を終えました。
そしてエレベーターに乗った瞬間、、、


まさかの、


先ほどの社内講師と遭遇、、、、。


一緒に居合わせていたのは、
普段お世話になっている上司数人(男性)。

「さっきの表彰式にも参加していた
優秀な営業員です。」

と、(ありがたいことに)紹介してくださいました。


すると彼女が一言。

「カラコン、やめなさい。
せっかくのべっぴんが勿体ない。髪も。
あなたのこと、忘れないよ。いいね?!」


男性陣、沈黙→苦笑…。

私、「は、はい、すみません…」







早急に改めようと決意した瞬間でした。



営業員からスタートし、
数々の役職を歴任してきたいわば営業員の憧れ、目標でもあるそんな方と、一分一秒違えば二度と会うこともなかったであろうに、私はエレベーターで偶然にもお会いしてしまった。


もうすぐ部下を抱えることになる私が正すべきこと、
そういうことなのだと思います。


私はいつもこうして
必要なタイミングでチャンスと気づきを与えられる。

さっそく明日、カラーに行ってきまーす。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村







2017/10/18//Wed * 22:01
●○しとしと雨は、いつまで続く。


来月の、通称「保険月」「募集月」が
迫っているいま、
会社は今月の〆切に対して
これでもかと焦らせてきます。


ちょっと待ってくれよ!!(笑)

と、笑うしかないような。


クロージングはかけても、
お客様に無理は言えません。
私たちができるのは、
とにかく見込みを増やすことだけ。

今日は、そんな月末モードでありつつ、
この業界の通年の業務でもある「採用」関係で、
動いた日でした。


「一緒に働きませんか?」

そう声をかけられた経験のある方も
多いんじゃないかな。

そう、会社は年中無休で人材を求めています。
ここには勿論理由があるわけですが、
それはもう今日だけでは書ききれないから
また今度にする。


私はわりと本気でこの業界を
よりよく変えたいと思っていて。

そういう想いに賛同してくれる人に
声をかけてまわっているわけですが、
なんせこの業界の印象は恐ろしく悪い(笑)。


その為、
「なんであなたがこんな仕事?!」という目で
見られる日が、私自身長く続きました。
それはそれは悔しかった。
知れば知るほど、やればやるほど
こんなにおもしろい仕事はないのに、
人はイメージでこの業界をこき下ろす。

なかなか、悲しいです(笑)。

近頃はもう、私自身がとても楽しいから
そういうお声は気にならないし、
そういう声を変えていきたいと思うように
なりました。


なんか、まぢでこの辺は
語り始めたら止まらないからこのへんで…。

今日は
そんな私の想いに賛同してくれる女の子が
職場に来てくれたので
いろいろと前進した日でした。


夕方からは
ある企業の支店長様方と会合。

久しぶりにお会いする方もいて、
ご挨拶できたのがとても嬉しかった。


会合の後は、
拠点長と今後を語りながらバス停までの道を
歩いてきました。


長い一日だった。


今日はたっぷり寝ようと思います~





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村






2017/10/17//Tue * 23:47
●○いくら数字を挙げたとしても


分かりやすく書こうと思うと、
なかなか仕事のことが書けません(•́⍛•̀ )
もうちょっと分かりやすくまとめてから…と
時間ばかりが過ぎていく~。


今日はどっと疲れてしまって、
よく動いたとかそういうことではなくって
先日お手続きを頂いたご契約が、
いま成立を前にストップしています。


というか、正確には
成立するか否かというヒヤヒヤ、ドキドキな状態。


センシティブ情報のため詳細は控えますが、
簡単に言えば、
お客様のご健康状態に「?」がつき、
追加で書面を揃えたり、
お客様とやりとりをしたり、、、
という状態です。

基本的に
保険会社は5年、2年、直近3ヶ月の
ご健康状態を確認して査定に入ります。

ただ、今回の場合は、
もう何十年も前のご病気が
直近の健康診断書に記載されていました。


そうなると、
会社側はこの点を明らかにしたい。
保険の原則である「公平性」のためにも、
明らかにしなければならない。


お客様は、
ご家族のためにもご加入を熱望されていて
私も最高のプランができた、と
成立を心待ちにしていました。
プランを練りに練り、
短い時間でご夫婦で話し合いをして頂き、
こちらも本当にやりがいのある時間でした。
(ご夫婦は私の両親と同世代ということもあり
娘のように想ってくださっていました。
書いてるだけで泣ける。。。)


が、思わぬところでハプニング。


勿論、お客様に
「確実にご加入いただけます」とは言えないので
査定を待ちましょう、とお伝えしていましたが、
追加のお手続きは、
お客様のことを思うと心が痛みます。


だって、いま現在は健康なのに、
自分の身体にケチをつけられるようなもんだから。


そして、まあ、
これはゆっても仕方がないんだけど
成立しないことには
私の仕事としても評価はされません。
いきなりゼロへの転落、という話。



唯一救いなのは、
お客様が迅速に対応をしてくださり、
レスポンスが大変に早いこと、です。
お医者様への手配なども、
驚くべきスピードで対応してくださいました。


成立OR不成立は、
これはもう私の立場でも上司の立場でも
なにもできない神の領域みたいなものなので
待つしかありません。


お願いだから、成立してほしい。


こういうケース、実は珍しくは無く、
毎月とは言わずともよくあるケースです。


自分自身の健康のありがたみを
ひしひしと感じるのと同時に、


私たちのいわゆる「営業トーク」と
とられがちな言葉、
「ご健康なうちに」、「お若いうちに」
「早めに」等々、
これらは決して手続きを急かしているわけではない、
(中には自分の成績の為に、と
そういう営業も存在するんでしょうが。)
いや、急かしてはいるのか。
急かす理由は、と書いたほうが近いでしょうか。

明日お怪我をしたら、入院をしたら、
本当に加入が厳しくなる場合があるのです。


保険を選ばれて、
いざご加入されるときには
是非頭の片隅に置いておいていただきたいと
思います。



あ~~~大丈夫大丈夫と唱えて
今夜は眠りにつく予定(._.)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代の生き方へ
にほんブログ村



[TOP]
copyright (C) 2006 Lovely! all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。